FC2ブログ

Entries

落語と悲しいニュース

今日は地元にいながら上方の噺家さんの落語を聞いた。
上方の落語は怪談でも勢いがあって可笑しい。
江戸落語が静なら上方落語は動。

落語は都市文化だとおもう。
人々が密集して、異なるアイディンティが日常的に出会う、そんな背景があって生まれた話芸だとおもうからだ。
そして聞く側にも、ある程度の教養と社会への共通認識があって、 初めて笑いが生れる。
つまり人口密度がたかく、情報がすぐに伝わる範囲が、落語の笑いの範囲だったのではないか。
さらに粋や洒脱も問われれば、落語は都市部でしか成立し得なかっただろう。
いろいろ考えると面白い。

しかし一日中笑って過ごしていたわけではない。
今朝はこの記事を読んで泣いていた。
毎日jp お墓にひなんします
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110709k0000m040149000c.html

たとえ笑っているときでも、原発のことを忘れることはない。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

[C28] わたしも

こんにちは。
小春のママです。
自殺したおばあさんんの記事。
昨日わたしもその記事を読んで泣きました。
とてもお年なのに、原発の状況を知り、家族や自分の
今後を考え、悲しい決断をされたおばあさんの
心を想像すると本当に悲しくなります。
本当に他人ごとではない、これから大変なことに
なるだろうと感じます。

[C29]

ほんとうに、そうですね。
罪のない人が犠牲になるなんて・・・
戦争下にあるのとおなじだとおもいます。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/53-289d54fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事