FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/331-c3599f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カッチーニのアヴェ・マリア

マリンバの演奏会で「カッチーニのアヴェ・マリア」を聴いた。
人気のある曲なのにコンサートで聴くことは少ないようにおもう。

スラヴァの美しいカウンターテノールがあまりに高い聖性を持つゆえか?
他の作曲家の「アヴェ・マリア」が主に長調であることに対し、
「カッチーニのアヴェ・マリア」が短調であることも、この曲に深い哀憐の詩情が漂う要因でしょう。
氷のように静かだけど熱いパッションを秘めた曲。

「カッチーニのアヴェ・マリア」として知られているけど、カッチーニ(1545-1618)の作品ではなく1970年頃にロシアのウラディーミル・ヴァヴィロフによって作曲された曲だという。
ヴァヴィロフは自身が作曲したものを古典の曲として発表したため、いつの間にかカッチーニの作曲といわれるようになってしまったとか…








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/331-c3599f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。