FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/321-94678def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東海道四谷怪談~歌舞伎座7月公演

o0299042412576019777.jpg

「東海道四谷怪談」というと去年亡くなった勘三郎のお岩さんを思い出します。中り狂言ゆえ何度見たか知れないけれど、勘三郎のお岩さんは格別だった。
照明も極限まで暗くし、その暗い舞台で毒を飲まされて変わる顔の恐ろしさ、梳いた髪から滴る血の怖さ・・・
同時に哀れなお岩の怨念の凄まじさもひとしをだった。

7月歌舞伎座夜の部「東海道四谷怪談」(鶴屋南北作 1825初演)は、市川染五郎の民谷伊右衛門、尾上菊之助のお岩、尾上松緑の直助権兵衛という若手の舞台で、菊之助はお岩のほかにお決まりの佐藤与茂七、小仏小平の3役を演じて申し分なかったが、あまり怖いお岩さんではなかった。

勘三郎と菊之助の怖さの違いは、勘三郎がリアルなメイクだったのに対して、菊之助は作り物っぽいメイクだったからだろうか?
髪が抜けたあとの額の血糊も真っ赤なペンキのようで、照明もさして暗くなければ、滑稽といってもいい。
やせ衰えたあばら骨のメイクも、勘三郎はリアルで本当に痩せて見えたけど、菊之助は漫画のように描かれていた。
(客席の位置の近遠にもよるでしょう)

菊之助の力量は十分でまったく不足はない、それだけに勘三郎のお手本があるというのに? と、ちょっといぶかしんだ。

歌舞伎は不思議なところがあって、どんなささいな所作も様式化され高い完成度である反面、たとえば小道具の赤ん坊などがとても粗略に出来ている。そこで観客はこれはあくまで芝居なのだと(判っているが)意識することになる。

つまり「東海道四谷怪談」も、その演出の完成度に反して、本来滑稽味のある化粧だったのではないか?
親を殺され、夫に騙され、美貌を失い、無念と怨念を抱いて死んでゆくお岩がリアルであってはならないからだ。

それは演じる者も観る者も恐怖や怨嗟に囚われることがないように、様式である型は完璧に、しかしあくまでも芝居であるということを忘れぬよう、メイクも抜け道のひとつであったのではないか? ことにこの演目においてはそれが重要なのではないか?

古い芝居絵を見てもどちらかと言えば滑稽に描かれているものが多いようにおもう。メイクがリアルになったのは映画が登場した近代以降のことと推測する。 江戸の人々はリアルな化粧がタブーであると知っていたでしょう。

p2.jpg
葛飾北斎 百物語 お岩さん

「東海道四谷怪談」は「仮名手本忠臣蔵」と表裏の関係にあって同じ〈世界〉を持ち、初演時は場面が交互に上演されたという。さすがにそれはしなくていいけれど深川三角屋敷の場を端折るのはやめてほしい。あの場があって断然〈世界〉が深くなり背景も知れるからだ。

30年よりもっと前に前進座が歌舞伎座で上演したときに一度だけ見たきりだけど、三角屋敷の場で、盥から出てくる白い手は(メイクに頼らないのに)本当に怖かった。


東海道四谷怪談 あらすじ 文化デジタルライブラリー
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc15/sakuhin/p8/a.html



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/321-94678def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。