FC2ブログ

Entries

赤坂憲雄氏の東北

赤坂憲雄氏 「東北という沃野 ~もうひとつの歴史と再生への祈り~」 ~G1サミット2012レポート~
3月11日に宮城県沖を襲った東日本大震災は、東北沿岸を中心に甚大な被害をもたらし、自然風土の凄まじい力と人間文明の非力さを見せつけた。それは同時に、縄文の昔から豊穣を蓄積してきた東北の恵みの豊かさ、地域の絆の確かさ、そして中央政権に対する「辺境」としての東北を人々に再認識させることとなった。東北で何が起こったのか。無数の慟哭から、我々は何を学んだのだろうか。「東北学」の父であり、東日本復興構想会議委員である赤坂憲雄氏が語る東北のもうひとつの歴史、鎮魂と再生に向けた道のり。
http://www.globis.jp/2002
http://www.globis.jp/2002-2

http://www.globis.jp/2002-3

赤坂憲雄氏の民俗学については、20年以上も前の著書を2冊持っているのみで、しかも難しくて充分には理解できるとはいえない。それでもドラマチックな論旨に惹かれる。
民俗学とは自然とそこにある人の営みにほかならない。

その赤坂氏が20年来東北を歩き「東北学」の父と呼ばれていることは知らなかった。
誰よりも東北に心を寄せている赤坂氏が語る東北の再生とは。。。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/264-245592b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事