FC2ブログ

Entries

目に見えない存在見える存在 対極の事象

歌舞伎を見始めた10代の頃(三十数年前)、3代目市川猿之助のケレンたっぷりの舞台にどんなに興奮したか知れない。

澤瀉屋は進取の気性で、観客を喜ばせるために、あらゆるエネルギーを注いで縦横無尽に舞台を疾走していた。(当時宙乗りをするのは猿之助だけだった)
2003年に脳梗塞でたおれてからは指導に専念して舞台には立っていないが、今月、2代目猿翁襲名で口上を述べた。

身体は不自由で言葉も満足ではなく、かつての3代目の舞台を知る者には痛々しくつらい姿であった。。。が、見得を切るその眼光は鋭くて、力が籠っていた。
かつて観客を魅了し興奮させた、おなじ光りがその眼にはあって、存在するすべてを見ようとするかのように劇場を見回した。

「目に見えない存在見える存在、あらゆる存在のおかげ・・・」とは、
市川亀治郎あらため4代目猿之助が襲名口上で述べた言葉。
「義経千本桜 四の切」の狐忠信はかつての3代目を彷彿とさせて端正でエネルギッシュだ。

このハレの祝典の場からわずか4~5キロのところで再稼動反対のデモがおこなわれる。
フクシマ以来、すべてのものは対極の事象のあいだに存在しているようだとおもう。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobantawashi.blog55.fc2.com/tb.php/228-bb51d8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事