FC2ブログ

Entries

双葉町井戸川町長の不信任決議

これは、原発推進の自民が政権をとったことと、双葉町を廃棄物の中間貯蔵地にする計画に関係するでしょう。

町長不信任で議会解散=埼玉避難の福島・双葉町
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121226-00000061-jij-pol
東京電力福島第1原発事故で埼玉県加須市に役場機能を移している福島県双葉町の井戸川克隆町長は26日、町議会が同町長に対する不信任決議を可決したことを受け、同日付で町議会を解散したと発表した。
 町議選は公職選挙法に基づき解散の翌日から40日以内に実施される。選挙後に初めて開かれる議会で、再び不信任案が可決されると、町長は自動的に失職する。
 

双葉町井戸川町長はフクシマのあと、町の機能を埼玉県加須市に移して町民をさらなる被爆から護った。町民の生活と子供の未来をを一番に考えるすばらしい人です。
福島第一原発周辺の自治体が、利権と圧力に屈して高汚染地帯に住民を戻そうとしたなか、井戸川町長だけは住民全員を集団疎開させるべく抵抗し、町民の人権・権利を訴えて、東電、福島県、政府と戦っていた。
中間貯蔵地ニも反対。永久に貯蔵地にされることが明白だからでしょう。

町民の皆様へ
 町民の皆様、皆様の苦しみは計り知れないものです。毎日、皆様と話し合いができれば良いのですが、なかなか叶えられませんことをお詫び申し上げます。

 私が一番に取り組んでいますのが、一日も早く安定した生活に戻ることです。双葉町はすぐには住めませんが、どこかに仮に(借りに)住むところを準備しなければなりません。そこで、国と意見が合わないのは避難基準です。国は年間放射線量20mSvを基準にしていますが、チェルノブイリでは悲惨な経験から年間5mSv以上は移住の義務と言う制度を作りました。
 私たちは、この事故で最大の被ばくをさせられました、町民の皆様の健康と家系の継承を守るために、国に基準の見直しを求めています。この基準がすべてです。仮に住む場合は安全でなければなりません。子供たちには、これ以上被ばくはさせられませんし、子どもたちが受ける生涯の放射線量は大きなものになります。事故から25年が経ったウクライナの子供たちには働くことができないブラブラ病が多く発生しているそうです。
 私はこのようなことが一番心配です。町は絶対に事故を起こさないと言われて原発と共生してきました。しかし、今は廃虚にさせられ、町民関係も壊されました。自然も、生活も、生きがい、希望やその他すべてを壊されました。一方どうでしょう。これほど苦しんでいる私たちの思いは、皆さんが納得いくものになっていないのです。これを解決するのが先だと訴えています。

 私が皆さんに多くの情報を出さないと叱られていることは十分承知しています。出したくても出せないのです。納得のいくような情報を国に求めていますが、出してこないのです。国とは隠し事のない交渉をすることを求め続けてきています。町民の皆様を裏切ることは決していたしません。これから多くの情報を出していきます。

 放射線の基準に戻りますが、ICRP(国際放射線防護委員会)勧告を採用していると国では言いますが、国際的に採用している訳ではありません。ヨーロッパには独自の基準があり、アメリカでも自国の基準を作って国民を守っています。最近のICRP勧告では日本を非難しています。もう1~20mSvを採用しなさいと言っています。これは大変なことで、区域見直しも賠償の基準も変わってきます。

 このような中で冷静にと言っても無理かもしれません。このような環境に置かれているのだから、皆さんの要望を常に政府、与党には伝えてきました。政争に振り回されて進んでいません。
 福島県内に避難している町民を県外に移動してもらう努力はしましたが、関係機関の協力は得られずにいます。しかも盛んに県内に戻す政策が進行しています。県に理由を聞いても納得のいく返事は来ません。町民(県民)の希望を国に強く発信して頂きたいと思います。

 町民の皆さん、損をしないでください。財産には目に見えるものと見えないものが有りますので、区別しなければなりません。目に見えるものは形や重みのあるもの価値が直ぐに判断できるものです。見えないものは未来です。一番心配なのは健康で、被ばくによる障がいであります。ウクライナでは障がいに要する費用が国家の財政を破綻させるような事態になっています。今のウクライナが25年後の日本であってはならないのです。子供に障がいが出ればとんでもない損害です。この見えない、まだ見えていない損害を十分に伝えきれていないもどかしさがあります。まだ発症していないからとか、発症したとしても被ばくとは関係がないと言われる恐れがあります。水俣病のように長い年月をかけて裁判で決着するような経験を町民の皆さんにはさせたくありません。
 昨年の早い時期から町民の皆さんの被ばく検査を国、東電、福島県にお願いし、被ばく防止も合わせてお願いしてきました。しかし、思うようになっていません、原発事故による放射能の影響下に住むことについて拒むべきです。

 損について一部しか言いきれていませんが、一番大きなこと、何年で帰れるかについて申し上げます。今は世界一の事故の大きさのレベル7のままだということ。溶けた核燃料の持ち出し終了が見通せないこと。処理水をどうするのか、核物質の最終処分はどのようにいつまで終わるのかなど多くの要因を考慮して、木村獨協大学准教授が最近の会議の席上、個人の見解として双葉町は場所によっては165年帰れないと発言しました。私には可か不可の判断できませんが、大変重要な言葉だと思います。半分としても80年だとしたら、この損害は甚大なものです。
 また、被ばくの影響についても責任者に対して担保をとっておく必要があります。

 中間貯蔵施設については、議論をしないまま、調査だから認めろと言いますが、この費用の出どころを確かめることが重要です。この施設は30年で県外に出すと国は言っていますが、約束は我々とはまだ出来ていません。この施設の周りには人が住めません。六ヶ所村では2km以内には民家がないようで、双葉町では町の中心部が殆ど入ってしまいます。では、どうするのかの議論が先です。ボーリング調査を行うのは着工です。予算の構成を見ますと、整備事業の下に調査費が付いています。これは行政判断としては着工になります。着工の事実を作らせないために、私は非難覚悟で止めていることをご理解ください。
 十分すぎるほど議論して町民の皆さんの理解の下に進めるべきです。日本初の事業です。双葉町最大の損害で、確かな約束を求める事をしないまま進めてはやがて子供たちに迷惑をかけます。新政権とじっくり話し合いをして、子供たちに理解を貰いながら進めます。このように、私たちには大きな損害があることをご理解ください。

 寒さが一段と厳しくなりました、風邪や体力の低下に気をつけて予防を心がけてください。これからもお伝えします。
 
 平成24年12月20日
双葉町長 井戸川 克隆 

http://www.town.futaba.fukushima.jp/message/20121220.html/

こちらにはジュネーブでの、人権NGO主催のイベントでの井戸川町長の講演も掲載されています。
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-12189

これは双葉町だけの問題ではなく、福島を核の最終処分場にしょうとする一環であり(もちろん日本の核だけではない)、反原発の首長つぶしであるので、井戸川町長の不信任決議に対してFAXやメールで抗議したいとおもいます。

◆埼玉支所 (双葉町災害対策本部)
[住所]〒347-0105 埼玉県加須市騎西598-1 旧県立騎西高校内
 [TEL] 0480-73-6880(代表)(午前8時30分から午後5時15分)
 [FAX] 0480-73-6926
 [E-mail] saitama@town.futaba.fukushima.jp

◆福島支所
[住所]〒963-8024 福島県郡山市朝日一丁目20番2号
 [TEL] 024-973-8090(代表)(午前8時30分から午後5時15分)
 [FAX] 024-933-5120
 [E-mail] fukushima@town.futaba.fukushima.jp


スポンサーサイト



不正選挙を唱えるわけ

かれこれ十数年前、派遣先の会社にゆくとその日の新聞ラックの新聞の一面が全て、マイクを握って歌を歌う演歌歌手の写真だった。

「どうして見たことのないような演歌歌手が一面に?」とおもったら、それは自民党の政治家で小泉純一郎という人だという。(歌っているのではなく演説の写真だったようだ)

それから1~2年して国民からすっかり呆れられた森内閣に代わって小泉内閣が華々しく登場した。だけどその実は道路公団民営化、郵政民営化、イラク派兵などアメリカの傀儡だった。
アメリカのために仕事がしやすいよう、傀儡(小泉)の人気がつくられたのだった。

今回の民主→自民党の政権交代が、この森→小泉政権とおなじ構図のようにおもえてならない。

野田内閣は森内閣のように国民の不満を高めるために存在していたのではないか? そのためには小沢さんの人気は邪魔であったし、野田内閣の無策(実は確信犯)も自民党に政権を渡すためのシナリオだったでしょう。

政権交代は、
民主党で原発を推進することが難しくなったから・・・


しかしおもいのほか未来の党の支持率が高くて今回も不正がおこなわれた。つまり不正の背景は原発の利権ということだ。
2009年の参議院選挙でも国民新党の票が操作されたと感じたが、そのときは郵政民営化に反対する党がターゲットだった。

だけどこの政権交代は、もちろん安部晋三のためではない。
父親のように華々しい登場を舞台の袖で待っている人物こそ、アメリカがいずれ総裁にしたいはずだ。マスコミという白馬も用意されるだろう。
http://foomii.com/00018/2012090807000011679
そのとき原発も憲法も戦争も、アメリカの意のままになってしまう。

だから12月16日の選挙で不正がおこなわれ、自民党政権は民意ではないことを言い続けなければならないとおもいます。

2012年 第46回衆議院総選挙 不正選挙に関するまとめ
http://matome.naver.jp/odai/213558154751188780

【追記】 正しい情報を探すブログさんが、どこの政党に投票したかアンケート調査をしています。
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11431523906.html
画面右サイドの政党にチェックを入れて「投票ボタン」を押すと投票結果の画面が表示されます。
因みに私が投票したとき日本未来の党は72%でした。
投票できるのは1回のみ、12月28日まで。


須田悦弘展と杉本博司展

12月16日に会期は終了しましたが、千葉市美術館の須田悦弘展にゆきました。

とうに精緻は極めて、精神性の域にある須田悦弘さんの作品。

最初の展示スペースでは作品と対峙させることを意図しているのでしょう、鑑賞者は一人ずつ狭い通路を通ってその奥にある作品と向かい合う仕掛けだった。
そこで作品は、茶席の床に活けられた花のように、絶対的な存在として空間を支配している。

江戸時代の屏風の絵からこぼれ落ちたかのような藤や椿の花(の作品)。雀の絵には米粒(の作品)。。。

名も知れぬ「雑草」から新作の真紅の「薔薇」まで、これほど一度にたくさんの須田さんの作品を見ることはなかなか無いことでしょう。

いつものように作品を探す愉しみもありました。
DSCN5860.jpg

今回一部を除き作品の写真撮影が許されていた。
原美術館のジャン・ミッシェル オトニエル展もそうだったけど、日本の美術館でも最近は、撮影が許可される傾向にあるようだ。
(それが良いと言うわけではないけど)


銀座メゾンエルメス 杉本博司展「影の色」 12月31日まで

カゲのイロ・・・?

太陽を連想される真紅、宇宙のような深いブルー、萌えるようなグリーン。。。巨大なプリズムを通した日光をポラロイドカメラで撮影した、実は光の色。

あらゆる光の色がエルメスの絹のスカーフにプリントされて、展示されている。

その光を写したポラロイド写真を四角い光学ガラスに閉じ込めた作品もあって、正面からはポラロイド写真が見えるのに、サイドや真上からはなにも見えない。
だけど四角い影が投影される不思議。。。

この光学ガラスのアイデアが、デュシャンの「大ガラス」から派生したことの経緯が、2005年に出版された杉本さんの著書に書いてあった。
この作品を見たあとで、偶然そのページを開いた不思議。。。

杉本氏は写真家で現代美術家。骨董、建築、古今東西の歴史・文学・美術に造詣があって、昨年は文楽の演出までしている。
このマルチな才能は、ものの本質(美)を見極めることができるからなのだろう、とおもう。

「苔のむすまで」 杉本博司著
http://ec2.images-amazon.com/images/I/414QCGXQ9ML._SL500_AA300_.jpg


怪しい×怪しい

選挙の結果は(予期してはいたけど)ほんとに怪しい。
投票時間の繰り上げや、投票率の情報操作は、姑息な手段(票の改竄)がおこなわれたことの証拠でしょう。
(選挙 不正 などで検索してみてください)

怪しいといえば、現代美術作家の村上隆さんが初の映画を監督したそうです。

「めめめのくらげ」 jeiiy fish Eyes
http://www.qetic.jp/news/murakami-takashi/91517/
http://mememe.gaga.ne.jp/#/home

浮遊するたくさんの
不思議な生物=“ふれんど
TOHOシネマズ六本木ヒルズ10周年作品
2013年4月26日公開→左から数字を足すと666

村上隆といえばルイ・ヴィトンだけど、今、ルイ・ヴィトンのウィンドウを飾っているのは草間弥生の枚の花びらを持つですもんね。

ほんとうに怪しい。



国民審査

いよいよ明日になった総選挙だけど、いつも悩むのは国民審査だ。

普段からよほど意識していないと全員に判断をくだすのは難しいが、情報を集める時間がないのが悩ましい。
国民の意思表示として全員に×をつけることも有りだとか?

最高裁裁判官の国民審査をどうする? 江川紹子
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20121214-00022725/


すくなくとも前福島県知事の佐藤栄作久さんを冤罪にした山浦善樹裁判官はバツにするつもりです。
http://senkyo.yahoo.co.jp/judge/

それから、票の改竄は前回の選挙でも感じました。
投票用紙にはボールペンで記入。気の弱い人は鉛筆でも力を込めて太く書きましょう。

そして、普段から自分がどの議員・政党に投票するか喧伝するのも不正防止になるのではないだろうか。




おさらい 2

今朝のラジオの北朝鮮ミサイル発射のニュース、なんだかものものしい演出過剰なアナウンサーの口調だった。(因みにnhkFM)

選挙前だから、某政党へと票を誘導したいのでしょう。

そういえば今の自民党総裁が首相のときもミサイル騒動がありました。。。

憲法9条を改憲して、アメリカの手先として自衛隊に人殺しをさせるような(それも私たちが納めた税金で!)政党と首相は、ごめんです。

【追記】こんな動画ありました


憲法9条を改するために憲法96条の国会が発議する賛成議員数を2/3から1/2に変えることを提案。

日本国憲法第96条 wikipedia
第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。




おさらい

選挙の前なので。。。



TPP参加で日本はどうなるか
http://www.think-tpp.jp/nation/index.html

それってホント? クイズに挑戦!
http://www.think-tpp.jp/reality/index.html



勘三郎さん

例えて言えば「飛び出す舞台」だった。

たとえ歌舞伎座の大向こうであっても鼓動が伝わるようだった。
コクーン歌舞伎や平成中村座にあっては、舞台と客席の区別はもとより外界との区別さえなかった。
そこには役者と観客が混然となる江戸の芝居小屋が再現された。

いつも全力で疾走していたから、実は随分前から心配になることもあったんです。

ほんとうに残念で悲しい。


笹子トンネル~EM菌

笹子トンネルの崩落事故はほんとうに傷ましくて、巻き込まれて亡くなった人たちが気の毒でならない。

この事故の背景にはいくつも要因があるでしょう。
(あるいは事故ではないかも知れない)
中日本高速道路はボルトや器具の老朽化が原因と発表したそうだけど、この時点では早すぎる結論ではないか?
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012120302000243.html
なにか詮索されては困る原因があるような気がします。

もしもこの事故が、トンネルに使われている材料や器具の劣化にのみ原因があるとすれば、コンクリートの寿命は40~50年と云われるので、日本中の多くものが崩壊の危機にさらされていることになる。

EM菌とコンクリートのびっくりする話。

比嘉教授の講演会で、EM菌をコンクリートに混ぜることでコンクリートの耐性があがり劣化せず、年を経るごとに強度がますという紹介があって、これを比嘉教授は「逆エントロピー」と呼んでいた。

そのときは詳しい説明はなかったので、調べたところ、あるコンクリート会社がEM菌を使った製品の特許申請をしている。

【目的】長期間に亘って耐酸性化性と環境浄化性の両特性に優れたコンクリート製品を提供すること。
<抜粋>かかるコンクリート製品は、固化されたコンクリート製品中に好気性菌と嫌気性菌が共存した蘇生型の有用微生物群(EM菌)が均一に混入されているため、当該コンクリート製品が水に濡れたり水中に浸されている場合であっても、例えば骨材に使用された砂利等に含まれる塩化ナトリウム等の無機塩類のほとんどが無機質栄養源として有用微生物群(EM菌)に貪食されてしまうので、コンクリート製品内で塩素イオンが発生してその内部環境が酸性状態に傾き、これにより鋼の表面を覆っている鉄の水酸化物の保護被膜が破壊され、その結果、鋼材の腐食(錆の発生)が進行してコンクリート製品が脆弱化されることを防止することができ、当該コンクリート製品の耐久性を増強させることができる。
http://www.patentjp.com/09/L/L104994/DA10001.html

この特許申請は平成6年に出願されている。

笹子トンネルで亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。



Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事