FC2ブログ

Entries

目に見えない存在見える存在 対極の事象

歌舞伎を見始めた10代の頃(三十数年前)、3代目市川猿之助のケレンたっぷりの舞台にどんなに興奮したか知れない。

澤瀉屋は進取の気性で、観客を喜ばせるために、あらゆるエネルギーを注いで縦横無尽に舞台を疾走していた。(当時宙乗りをするのは猿之助だけだった)
2003年に脳梗塞でたおれてからは指導に専念して舞台には立っていないが、今月、2代目猿翁襲名で口上を述べた。

身体は不自由で言葉も満足ではなく、かつての3代目の舞台を知る者には痛々しくつらい姿であった。。。が、見得を切るその眼光は鋭くて、力が籠っていた。
かつて観客を魅了し興奮させた、おなじ光りがその眼にはあって、存在するすべてを見ようとするかのように劇場を見回した。

「目に見えない存在見える存在、あらゆる存在のおかげ・・・」とは、
市川亀治郎あらため4代目猿之助が襲名口上で述べた言葉。
「義経千本桜 四の切」の狐忠信はかつての3代目を彷彿とさせて端正でエネルギッシュだ。

このハレの祝典の場からわずか4~5キロのところで再稼動反対のデモがおこなわれる。
フクシマ以来、すべてのものは対極の事象のあいだに存在しているようだとおもう。



スポンサーサイト

STOP大飯 2

アイリーン・美緒子・スミスさんからのメッセージ。
(2011/12/31 にアップロードされた画像)



こちらの記事もどうぞ
毎日新聞 ワイド特集:かつて水俣を、今福島を追う 
アイリーン・美緒子・スミスさんに聞く

http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c.html



STOP大飯

再稼動は絶対に許してはならない。

たとえデモに参加しなくても意思表示をしたいので「STOP大飯」の図案をつくった。

仰々しくないので、たとえば電車で読む本のブックカバーにしたり、スーパーにゆくトートバックにアップリケしたり・・・日常的にどこでもアピールしたい。

食べすぎの戒めにもなります。


新規ビットマップ イメージ 3
画像のうえで右クリック → 名前を付けて画像を保存 → 
ダウンロードしてご自由にお使いください。


松下政経塾政権のスタートとその真相

フクシマのあと、原発が発電のために存在してるのではない欺瞞を人々が知り、汚染や健康被害が顕著になったとき、それでも原発を推進するには親米で国民の声を無視できる政府が必要でしょう。

それが松下政経塾一期生の野田佳彦が首相に選ばれた理由なのだとおもう。

藤原肇・本澤二郎が語る日本の現在と未来
-松下政経塾政権のスタートとその真相-

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai111102.html





福島のことを知れば再稼動はできないはず!

この福島の女性たちの声を日本のマスコミは報道しただろうか?
これ以上に激しい苦しい切実な声はない。

Women's "Die-In" against the Restart of Ooi Nuke Plant
(Jun/07/2012)





今日のニュース

ほんとに解りやすい。
今日のオウム高橋容疑者逮捕の蔭であったこと。

DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120615_540420.html

(消費税増税) きょう決着へ調整 一体改革3党協議 民主党内手続き焦点
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120615/stt12061507550002-n1.htm

大飯再稼働、16日決定=福井知事の同意受け、閣僚会合で―7月上旬まず1基
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120615-00000097-jij-pol

地下鉄サリン事件は日本の9.11とおもっている。

事件当時、林郁夫元医師が石原裕次郎の執刀医だった事実をマスコミは一切伝えなかった。(どうして?)

地下鉄サリン事件のとき実行犯にサリンの被害がでたとはきかない。被害をだしたのはオウムが製造したのではない別のところで作られたサリンではないだろうか?(そしてそれを実行犯も知らない?)



俺たちは使い捨て 原発労働者が実状を語る

非常に怖ろしい原爆労働者が語る原発と東電の実態。

「福島 フクシマ FUKUSHIMA」 さんの2011年9月のインタビュー記事。
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

それでも原発を再稼動しようという狂った野田総理。
(しかも再稼動の責任を福井県に転嫁しようとしているようだ)






そうだ、広瀬さんに聞いてみよう!

最近はオウム信者の(不可解な)逮捕と逃走が巷の話題になっているようだけど、これは大飯原発再稼動から人々の耳目を逸らす目的もあるとおもう。

利権のためにどうしても原発を動かしたい人たちには、原発稼動がゼロでも電力が足りている状況があるのはとてもまずいでしょう。

週刊朝日デジタルEX 原発問題 そうだ、広瀬さんに聞いてみよう!
PDF資料がとてもわかりやすく、節電の詭弁と再稼動の欺瞞を説明しています。
http://www.wa-dan.com/hirose03/

しかも若狭湾では過去に大津波があり原子炉立地審査指針に違反しているとか。

さらに大飯原発は京都からほんの61km。
ERI版SPEEDIによる原発事故時の影響範囲推定 ⑤大飯原発
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-3d004.htm

京都は首都機能の一部を移転する予定地ではないのですか~?



裏庭の芝刈り機

レイ・ブラッドベリ氏が亡くなった。91才。

http://jp.techcrunch.com/archives/20120606goodbye-ray-bradbury/

「裏庭の芝刈り機を押す」という表現が(どの作品だったか忘れたが)なぜか印象に残っていて、それは宇宙船の乗務員になることの例えなのだれけど、もう30年かもっと、私の頭のなかに置き忘れられたようにある。

ミステリアスで、詩的で、幻想的で、切なくて美しい ・・・ 未来を描いていてもノスタルジーを感じる作品が多かった。

「発電所 Power house」という初期の作品(1948年)は、火力発電の電気と女性のもつ生命力がシンクロしたような物語で、電気が文字どうり明るく輝かしいPowerであったことを描いている。

原子力以前の時代に帰ることが出来たら・・・と、ブラッドベリ氏もおもっていたでしょう。

心に残るたくさんの作品を、ありがとうございました。



祝 ゴビンダさん解放

この一年ずっと気になっていた。
一日も早く祖国に帰られる日がくることを願っていた。

今日トレインニュースでゴビンダ・マイナリさんが解放されたことを知って、ほんとうに嬉しい。
そしてほんとうに申し訳ないとおもう。

マイナリ元被告 釈放され入管施設へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120607/k10015678221000.html

当時、警察や検察は最初から冤罪ということがわかっていただろう。
だけどスケープゴードが必要だった。だから弁護団の要求する検査を開示しなかったのだ。

それにしても3.11とそれに続くフクシマがなかったとしたら、この事件が再び人々の注目を集め、再審に至っただろうか?

東電が(一企業ではなく)原発マフィアであるその実態を人々が知って、事件の背景を再度詮索することがなかったとしたら。。。そう考えると怖ろしい。

私自身フクシマがなければ佐野愼一著「東電OL殺人事件」を図書館から借りることはなく、ゴビンダさんのことを知ることもなかった。

― 東電の事件のあと神戸の連続殺傷事件がおきた。今では神戸の事件は東電から衆目をそらす目的もあったとおもっている。 少年A(当時)も冤罪 ―

現在(過去にも)こうした冤罪で無実でありながら収監されている人がどんなにいるだろう。冤罪といわれながら死刑を執行された人もいる。
真実は隠され操作されていることに、もっと気づかなければならないとおもう。

冤罪―東電OL殺人事件 (2011/06/05)

冤罪―東電OL殺人事件 続報 (2011/07/21)

佐野愼一×久米宏 東電OL殺人事件の冤罪性について

2011・10・29 ラジオの対談

《追記》
釈放を解放に訂正しました。(6/10)



ちょっと前の気になる記事

ちょっと前に都内の土地が外資系企業に買われているという記事を読んだが、首都機能が西へ移転するかも知れないとなったら、都内の土地価格はもっと下がるだろう。

一連の首都直下型地震の予測、人口が密集した首都で汚染瓦礫を処理する愚行、利根川のホルムアルデヒトによる水道水の汚染・・・東京の土地の価値を下げて外資が買いやすくするために仕組まれているのではないかとおもえてくる。

皇室や文化庁 京へ移転を 首都バックアップ検討
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120530-OYT8T01473.htm?from=tw
災害時の首都機能バックアップに関する検討委員会が30日、上京区で開かれ、京都が受け持つことができる機能について、皇室の居住や文化庁の移転などとする中間報告がほぼまとまった。近く、国に提案する。
検討会は府や京都市、学識経験者らで構成。機能を受け入れるエリアとしては、京都市中心部と桂イノベーションパーク、らくなん進都、学研都市を対象としている。
検討会では、京都は首都圏と同時に被災する可能性が低く、地理的にもアクセスしやすい利便性があることを確認。その上で、京都御所や京都迎賓館があることから、皇室の人々の居住や儀礼の実施を受け入れやすいと判断した。また、文化庁や観光庁の移転、国会や首相官邸の代替施設となる可能性があるため国立京都国際会館の機能を強化することも国に提案する。
(2012年5月31日 読売新聞)


しかしどうして汚染が深刻になりつつある東京の土地を外資は買うのだろう?

私の予想は、彼らはすでに放射能を無効にする術を知っていて、だけど目的を達成するまでは秘匿しているのではないだろうか。

山林(水源)の外国による買収についてはだいぶ前から深刻で、近い将来にも日本人は水によって支配されるのではないかと危惧してしまう。
http://hayabusa-news.com/modules/d3blog/details.php?bid=261

これもちょっと前の気になる記事。
ダノンジャパン (福島の)NPOを支援し共同型酪農経営による牧場を経営
http://www.kokusaishogyo.com/2012/05/23
国がやるべきことを外資系企業がしている。
それにしても安全性は?




ベン・シャーン回顧展

ベン・シャーンは忘れた頃にやってくる・・・というのが個人的な印象だった。

長く忘れていると、ある日突然その名前を聞いて思い出す、といったふう。 最近は、数年前にアーサー・ビナード氏のエッセイを読んで思い出した。

ベン・シャーン(1898-1969)は独自の画風で労働者や社会的な問題をあつかった作品が多いが、ビキニ環礁での第五福竜丸の被爆を題材にしたシリーズでつとに有名だ。

そのベン・シャーンの巡廻回顧展が6月3日から福島県立美術館で開催される。
ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト 2011-2012
http://benshahn2011-12exh.info/

フクシマのあとにこの回顧展が巡り合わせたことをおもうと切ない気持ちになる。
いまや日本列島が第五福竜丸であると、ベン・シャーンが警鐘を鳴らしているようで。。。

松岡正剛の千夜千冊
「ここが家だ」 ベン・シャーン&アーサー・ビナード

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1207.html



Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事