FC2ブログ

Entries

カミナリに打たれて死んでほしい!! 3

昨日の小沢氏の無罪判決(だいたい有罪のほうがおかしい)に耳目をあつめておいて、郵政民営化法改正案が成立した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000383-yom-pol

改正郵政民営化法が成立…日本郵政株売却可能に
読売新聞 4月27日(金)

 日本郵政グループを4社体制に再編する改正郵政民営化法が、27日午前の参院本会議で、議員立法で共同提出した民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決、成立した。
 ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の金融2社がグループにとどまる余地を残し、小泉政権の完全民営化路線は修正される。
 2007年10月の分社化で利便性の低下が指摘されていた郵便局会社と郵便事業会社は今年10月にも合併する。
 成立により、政権交代後に凍結された郵政グループ株式の売却が可能になる。政府は、100%保有する日本郵政株を3分の1超を残して売却することが可能になり、売却益は東日本大震災の復興財源に充てられる。
 日本郵政が100%保有する金融2社株は、05年成立の郵政民営化法では17年9月末までの全株処分が定められていたが、「全部を処分することを目指す」との努力規定に改められた。期限は、「できる限り早期に処分する」として明示されず、処分は日本郵政が経営判断として行う。


もとより郵政を民営化させる必要はないのに、アメリカのいいなりに、国民の財産を売り飛ばすリディキュールな日本の政治家。

「株式凍結法案」の撤廃で100%株を売るように努力するという。
株を売ったら郵貯の350兆円の使い道を決めるのは株主になるであろうアメリカだ。

民営化反対の亀井氏や日本新党を応援しているけど、選挙の票は操作されているようだったし、NHKの報道の仕方は(連立政党というのに)無視に等しい。
(それで受信料をとるというのだから馬鹿にしてる)

郵政民営化に反対する議員や政党へのそんな扱いを見るたび暗澹とした気持になったけど、ついに現実になってしまう・・・

最近、地震予測や被害想定のニュースが頻繁にあったから、アメリカの脅迫じみた圧力もあったかもしれない。
売却益を震災の復興に充てるというのも反対意見を反らすための詭弁でしょう。

日本を売った政治家、カミナリに打たれて死んでほしい。



スポンサーサイト

麻 その3

このところの過酷な仕事量で疲労が大きい。きっと波動も低下している。。。

他力本願な性格なので麻にたよろうとおもう。
http://www.hempkitchen.jp/shop/shop01.html

ネットショッピングは(楽天はやめて)直接生産者や販売元に注文するようにしています。




今朝のニュースから

今朝は出かける前にめづらしくTVを点けた。
ニュースでは6年ぶりに首都圏直下型の地震被害の予測をしたとか。

『想念は未来を変える』とおもうようになってから、こういうニュースも気にならなくなった。
平穏な日々が続くことをイメージして、安らかな気持ちでいたい。

たとえば、未来の◎月◎日に実際にあるイベントに自分が参加しているビジョンを描く、そのイベントが済んだら次の楽しいなにか、というように未来のある時点で自分がしていることの具体的なビジョンをもつようにする。つまり地震のない未来を常にイメージすること。

恐れる不安な気持ち=マイナーな想念(低波動エネルギー)を、くれぐれも持たぬよう。。。



国立劇場「絵本合法衢」とPCのこと

昨年の震災のあと中止になった公演を、今年の4月ほぼ同じ配役で上演している。

鶴屋南北の「絵本合法衢えほんがっぽうがつじ」は、お家騒動の敵討ちに題材をとったもので、2人の獄悪人が登場人物のほとんどを殺してしまうという凄まじいもの。

たとえば同じ南北が描く「東海道四谷怪談」の伊右衛門は、悪人であるが色気があり(色悪)、罪の意識が垣間見えるのだが、この狂言の悪人2人はただただ欲望のために躊躇もなく人を殺す。

歌舞伎ではどんな凄惨な場面にも様式美があって、タイプの違う悪人を片岡二左衛門さんが1人2役でつとめるのも見所。
だけど今回はちょっと気になることがあった。

お芝居とはいえ、人を殺めることは波動的にはとてもマイナスなエネルギーにちがいない。

そういうと歌舞伎には殺しの場面が多く、大多数の作品に低波動エネルギーがあるということになってしまう。
そして殺しの場面に陶酔するというのは、観る側の波動が同調したことを意味する。

だからそういう作品を鑑賞したあとには、なにか高い波動のもの(ポジティブなもの)を見たり聞いたりするようにしたらいいとおもう。

TV番組でも波動の低いものが多いのではないだろうか?


パソコンを新しくした。
文字ツールまでG社のプライバシーポリシーの同意をもとめられたのは驚いた。
(前のパソコンが壊れたのもG社の呪いかも・・・)

もちろんG社だけではなく、M社も、Y社も、楽天も・・・すべてが個人情報を収集しているのは間違いない。



これも、波動

重要な書類を提出しなければならないときに決まってプリンタの調子が悪くなる。

締め切りの時間が迫っているというのに肝心なときに支障をきたす。どうしていつもこうなのか不思議であったけど、最近はそのときのイライラや緊張のせいではないかとおもうようになった。

このところすごいストレスがあって、ついにパソコンまで起動しなくなった。プリンタとPCの不調がストレス=低波動エネルギーのせいであるというのも在り得なくない。

人の想念(波動)は気象までも変えるとか・・・。
とすれば、どんなイメージを持つかがとても大事になるでしょう。

最近は地震のとき大地が鎮まるようにイメージします。
怖がるのは低波動エネルギーなので地震のエネルギーと同調する。(人工地震ではなおさら)
大地が鎮まるイメージ(想念)を多くの人が同時に持てば、地震の影響もかわるかも知れない。

そして放射性物質についても、たとえば金粉になるようイメージしたら、どうだろう。



麻 その2

古来、魔よけや無病息災のシンボルとして使われてきた麻の葉文様だが、麻の葉文様と呼ばれるようになったのは以外にも近世になってからだという。

麻の葉文様は、6つの菱形の各頂点が中心となる1点で接して、外側の6つの頂点を結んで六角形をつくる。
さらに各菱形は中心点から外に向かって直線で分割され2つの三角形になっている。麻の葉文様とは六角形と三角形からなる幾何学模様である。

三角形は最初の多角形であり、細胞の原子核の素粒子は3つ1組で正三角形に結束しているという・・・つまりすべての物質は三角形で構成されているといえる。

三角形を2つ重ね合わせると、内側に6つの三角形ができ、すなわち六芒星です。六芒星の6つの頂点を線で結ぶと正六角形になって、この六角形は自然界の摂理というべき形である。

三角形や六角形に不思議なパワーがあるのというのは、それが存在の根源の形であるからでしょう。

人々は昔からこのパワーを知っていて三角形と六角形の幾何学文様を生活に取り入れていた。
その文様(昔はなんと呼んでいたんだろう)が、大麻と同じような効用をもつので、いつのうちにか大麻の葉の形をイメージして麻の葉文様と呼ばれるようになったのではないだろうか。


Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事