FC2ブログ

Entries

Googleからのメール

Googleからメールが届いた。(Gメールを使っているわけではないし初めてのこと)
3月1日からのプライバシーポリシーについてのメールだった。
http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/preview/

Googleは人類が使うすべての情報(個人情報も!!!)を集め整理するという壮大な目的を持って設立されたのだそうだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Google

ネットユーザーはGoogleに抵抗する術はないだろう。

すっかりNWOの術中に嵌ってしまったのだとおもう。


■ とりあえずGoogleからダウンロードしているサービスを止めることにしよう。

ブログについておもうこと (11/19)
スパイウェア? (12/09)



スポンサーサイト



千葉県知事

この人の頭のなかには成田空港にカジノをつくることしかない。

千葉県には深刻なホットスポットがあるのになんの対策もない。
水源である利根川も汚染されているというのに、だ。

そればかりか放射能汚染された産廃の埋め立てを許可している始末。
君津市と富津市の生活用水や農業用水の水源近くに、産廃業者が運び込む放射性汚染廃棄物が埋め立てられている。
県は業者から寄附を受けていて、阻止することはできないとしてきた。

放射性汚染が少ない県土はそれ以上の汚染から守るべきところ、その反対の馬鹿な行為を千葉県はしている。
いままでなんども反対団体が抗議してきたが聞き入れなかった。

ついに山本太郎さんも応援に!!
東京新聞 セシウム含む汚泥などの搬入中止、知事に申し入れ 
3市民団体、山本太郎さんも参加

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120127/CK2012012702000053.html

私も鈴木栄治(知事の本名)宛てに文句を言いたいとおもっていた。
小さな声でもたくさんの声が集まれば大きな声になるでしょう。

千葉県 県政へのご意見
http://www.pref.chiba.lg.jp/kensei/kenminsanka/ikenboshuu/goiken/index.html




汚染瓦礫とTPPと新基準値

厚生労働省が発表した食品に含まれる放射性物質の新基準値案
決まれば4月から(一部の食品をのぞき)適応される。

この新基準値案に反対する省庁や団体もあるので実際はどんな基準値になるかわからない。
それでもこの春からは農作物の栽培が困難になる農家がだいぶあるでしょう。
作付けできない農家には東電が賠償すべきで、消費者にとってはすこし安堵できる。

だけど気になるのは新基準値に移行しようとしながら汚染瓦礫を(ドイツの勧告を無視して)全国に拡散していることの意味だ。

汚染瓦礫の焼却灰が受け入れ先の空、土壌、水を汚して、現に東京湾や大阪湾でも高い汚染が確認されている。

さらに汚染肥料や土、汚染飼料などの流通でも日本全国の農地や家畜、養殖が汚染の危険に晒されている。

しかもフクシマは収束していない。
放射能汚染は濃度を増すばかりなのだ。

この状況での新基準値移行は、その背後にTPPの存在があるのではないだろうか?

TPP参加後は基準値がもっと引き上げられ(それは良いが)、もはや日本で生産されたものは一切流通できなくなる、という状況を作ろうとしているのではないか?

もしくはモンサントが、放射性物質に強い遺伝子組換え種子を販売しようとしているのかも・・・




ドイツ放射線防護協会のプレスリリース

本来すべき対処をせず、ドイツの勧告も聞かず、原発利権のために国民の健康を無視し被害を拡大している日本政府は、ほんとうに愚かで悲しい。
国民も専門知識を持つべき(自分の身を守るために)と、云っています。

【プレスリリース】
ドイツ放射線防護協会より:
放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない


ドイツ放射線防護協会は問う:
原子力利用と引きかえにどれだけの死亡と疾病を許容するのか?


放射線防護の国際的合意として、特殊措置をとることを避けるために、汚染された食品や廃棄物を、汚染されていないものと混ぜて「危険でない」とすることは禁止されている。日本政府は現在、食品について、および地震・原発事故・津波被災地からのがれき処理について、この希釈禁止合意に違反している。ドイツ放射線防護協会はこの「希釈政策」を至急撤回するよう勧告する。
撤回されない場合、すべての日本の市民が、知らぬ間に東京電力福島第一原子力発電所事故の「二次汚染」にさらされることになるだろう。空間的に隔離し、安全を確保し、管理された廃棄物集積所でなければ、防護策は困難である。「汚染を希釈された」食品についても同様である。現在の汚染がれきおよび食品への対応では、日本市民に健康被害が広がってしまうだろう。

日本ですでに始まっている汚染がれきの各県への配分、焼却、および焼却灰の海岸埋め立て等への利用は、放射線防護の観点から言えば重大な過ちである。焼却場の煙突から、あるいは海洋投棄される汚染焼却灰から、がれき中の放射性物質は必然的に環境に放出される。ドイツ放射線防護協会は、この計画の至急撤回を勧告する。

チェルノブイリ事故後ドイツでの数々の研究により、胎児や乳幼児が以前の想定よりはるかに放射線影響を受けやすいことが明らかとなっている。乳幼児の死亡率、先天障害、女児出生率の低下など、チェルノブイリ後の西ヨーロッパで明らかな変化が確認されている、すなわち、低量あるいはごく微量の追加放射線によって数万人の子どもが影響を受けているのである。さらに、ドイツの原発周辺における幼児のがんや白血病についての研究でも、微量の追加放射線でも子どもたちに健康被害を与えうることが示されている。
ドイツ放射線防護協会は、少なくとも妊婦と子どものいる家庭について、現在の避難地域より広い範囲で至急の避難・疎開が支援されなければならないと強く警告する。われわれは同時に、子どもに年間20ミリシーベルトの被曝を強要することは悲劇的な過ちであると考える。日本政府は、現在の避難基準になっている年20ミリシーベルトを直ちに撤回するべきである。

日本での現行の食品中放射性物質暫定基準値は、商業と農業を損失から守るためのものであり、人々を被曝から防護するためのものではない。ドイツ放射線防御協会は、この基準値が、日本政府ががん死亡者数、がん発症者数の甚大な増加、およびその他のあらゆる健康障害の著しい蔓延を許容する姿勢であることを意味するとして、厳しく指摘する。
このようなやり方で自国民の健康を踏みにじることは、いかなる政府にも許されない。当協会は、原子力エネルギー利用のもたらす利益と引き換えに、果たして日本社会がどれだけの死者と病人を受容できる準備があるのかについて、全国民参加による公開の議論が絶対不可欠であると考える。このような議論が必要なのは、日本だけではない、これまで原子力ビジネスと政治的思惑によって阻まれてきた、世界のすべての国々において必要なのである。

ドイツ放射線防護協会は、日本の皆さんに強く訴える:
できるだけ、専門知識を身につけるよう努めてください。そして、食品における基準値の大幅な低減と、厳密な食品検査を要求するのです。すでに各地に開設されている市民測定所を支援してください。


ドイツ放射線防護協会は、日本の専門家の皆さんに訴える:
日本の市民のサイドに立ち、放射能とはどんなものか、どのような障害をもたらしうるものであるかを、市民に説明してください。

ドイツ放射線防護協会
会長 セバスティアン・プフルークバイル(博士)

(翻訳、下線:FoE Japan)


http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111127_j.pdf




スーパーマーケットTPP後にはこうなる

TPP参加を待たずとも参考になります。



※全画面モード(右端の四角いマーク)でどうそ。



世田谷区も脱東電

東京ニュース動画 
世田谷区 公共施設の電力供給を競争入札で決定へ(1月23日)

http://link.brightcove.co.jp/services/player/bcpid27349919001?bctid=ref:mxnews_201201237


保坂展人氏のこと (10/14)



福島県浜通りで震度5

地震の後の23日23時58分のニュース
福島第一、放出セシウム増 2・3号機の復旧作業原因か
http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY201201230607.html

警戒が必要なことは確かとおもいます。



ニュースから連想したイメージ

ルース駐日大使
「TPPに参加するまえに日本の軽自動車を廃止しておくようにね♪」

野田首相
「それは、ちょっと・・・(汗) 軽自動車は日本の事情に適ったもので、廃止するのは・・・」

バッチ~ン (ルース駐日大使、野田首相をなぐる)

ルース駐日大使
「いうこときかないと、また地震おこしちゃうからね!」


読売ONLINE 日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120114-OYT1T00672.htm
産経ニュース 野田首相が眼帯をして出邸 「ぶつけちゃった」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120116/plc12011612480007-n1.htm
読売ONLINE 愛知沖でメタンハイドレート試掘…2月中旬にも
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120118-OYT1T01236.htm


ルドン展

三菱一号館美術館は丸の内にあってアクセスがいい。しかもルドン展とあっては夏の頃からたのしみにしていた。

ルドンとその周辺-夢見る世紀末
三菱一号館美術館 グラン・ブーケ 収蔵記念

http://mimt.jp/redon2012/

オディロン・ルドン(1840-1916)がコレクターに依頼されて城館の壁に描いた「グラン・ブーケ」(大きな花束)が、三菱一号館美術館の収蔵となったことを記念しての開催。
「グラン・ブーケ」のほかはすべて岐阜県立美術館が所有するルドンと同時代の画家たちの絵で構成されている。

ルドン展はたいてい黒の時代と色彩の時代に分けて構成されるが、私の知るルドン展ではいちばん規模が大きい。
今回も、エッチングや木炭による黒の時代-色彩の時代(初期)-同時代の画家の作品-「グラン・ブーケ」を含む色彩の時代-という流れのようだ。

ルドンの色彩あふれる花の絵が好きなので、今までのルドン展では気もそぞろに通り過ぎていた黒の時代だったけど、今回初めて目にする作品も多く、かつてなく黒の時代の作品に魅入ってしまった。

黒の時代の幻夢的な描写はダーウィンの進化論や植物学、先端の文学に影響されたルドンの内的宇宙であり、つづく色彩の時代を内包していることがよくわかる展示でした。

順路の半ばの休憩室で、スタッフの人から「あと10分で閉館です」と告げられた。
え゛~っ! これからがいいところなのに!!

ルドンはいくら時間があっても足らない。(オルセーでもルドンの部屋だけで閉館になった) つづきはまたゆっくり・・・・。


気になるもうひとつの美術展。
東急Bunkamura フェルメールからのラブレター展
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/11_loveletter/index.html


三菱一号館美術館のある丸の内一帯の土地は、まだ草原だったころに岩崎弥太郎が買い占めたのだと、美術館開館時の収蔵展で説明を読んだ。
弥太郎がフリーメーソンと通じて三菱財閥の基礎を築いたことはいうまでもない。
三菱も東急も原発とは無縁ではない。



あるいは、たぶん・・・

17年前のこの日、同じ日本で起きていることとは信じられない気持ちでニュースの映像を見ていました。

教育TVとラジオでは安否を問う尋ね人の名前が一日中流れ、毎日死者の数が発表された。

ただ人数だけがアナウンスされ、外国人の多い神戸なのに亡くなった人の国籍は?とおもったのが最初の疑問だった。

今おもえば、あの状況下ではすぐに国籍が判らなくても不思議ではないけれど、一度も国籍別の死者数を聞かなかった。

兵庫県の阪神・淡路大震災の死者にかかる調査について(平成17年12月22日記者発表)によれば兵庫県内の死者6402人のうち外国籍171人(2.53%)不明9人(0.14%)であり、これが割合として多いのか少ないのかは判らない。
(因みに171人のうち、147人は韓国・朝鮮、中国籍)

阪神淡路大地震で亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。



広瀬隆さんの12月23日の談

政府は東北の農家を救済しない。東電も賠償しない。だから津波被災地の支援金とおなじく、農地が汚染された東北~北関東の農家へも、もはや民間で支援しなければ食品による被曝は日本中で深刻になってゆくだろう。

政府と東電は無期懲役にひとしい犯罪者で大ウソつき。収束宣言の欺瞞。
談 「福島原発事故『収束宣言』の大嘘の皮を剥ぐ」広瀬隆
http://www.wa-dan.com/hirose/


カミナリに打たれて死んでほしい!! (10/05)



東電の株主、でも脱原発

「脱原発・東電株主運動」の42人が歴代経営陣61人に対し約5兆5千億円の損害賠償を求めて提訴を請求していた。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011201001992.html
この方たちは23年前から原発を止める目的で東電の株主になり毎年株主総会で脱原発の提案を続けてきたそうです。

株主代表訴訟の金額は、地震と津波対策の不備として、役員が会社(東電)に払い、被災者の賠償に使うことを要求。

アメリカの医学雑誌は、フクシマの影響で14000人が過剰死していると発表したけど、これについてアメリカ政府からの賠償や訴えのニュースを聞かない。

このところの福島から茨城にかけての地震(おそらく人口の)、今以上に地球規模の汚染を拡げようとするわけは?



放射線障害と予防対策

MMS(ミラクルミネラルソリューション)のサイトより放射線障害予防の基礎知識。
とくに放射線障害と予防対策(2)ではデトックスに有効な食品とサプリを具体的に示しています。

放射線障害と予防対策(1)
http://jhumble-japan.health.officelive.com/Documents/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E7%97%85.pdf

放射線障害と予防対策(2)

http://jhumble-japan.health.officelive.com/Documents/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89.pdf

Miracle Mineral Solution 大発見- 21世紀のミラクルミネラル ソリューション(MMS)
http://jhumble-japan.health.officelive.com/default.aspx





マスクは必須

武田先生によれば、1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超える高いセシウムが関東周辺で測定されているという。

いつもチェックしているスイスの拡散予報では、最近はほとんど太平洋に風が流れていた。

では、このセシウムはどこから?
大陸?東京湾?瓦礫処理?

文科省はDATAを公開しないという。

武田先生のホームページ
http://takedanet.com/2012/01/post_43b1.html
http://takedanet.com/2012/01/post_7b54.html

セシウムなど放射性物質の多い時は、念のため水分をたくさん摂って排出を頻繁にするようにしたらいいとおもう。




こういうことかも・・・

都心の人口密集地からストロンチウムが検出され、粉ミルクさえセシウム汚染されているというのに、それでも日本中に放射性瓦礫をばら撒こうという政府。

2010年の11月に(タイミングよく)承認された放射性セシウム体内除去剤「ラディオガルダーゼ」。
日本メジフィジックス株式会社 ニュースリリース
http://www.nmp.co.jp/news/pdf/20101104.pdf
これはあくまでも大量のセシウムを取りこんでしまった場合に服用するものでフクシマでも使われたらしい。

そしてストロンチウムの体内除去剤も
http://www.nmp.co.jp/news/pdf/20110704.pdf
いずれも投与後の全症例を調査。緊急被ばく用として価格未収載で専門医療機関で備蓄するという。
(国が管理するにひとしい-利権の温床ですね)

日本メジフィジックス株式会社は住友化学とGEヘルスケア(イギリスの会社。アメリカのGEとは別)が50パーセントづつ出資し放射線医薬品を専門としている会社。
住友化学はあのモンサント社とも提携し、社長の米倉弘昌は経団連会長。あきらかに原発マフィア。

つまり放射性瓦礫を焼却してセシウムやストロンチウムの放射性核種を日本中に拡散させるほど利権が大きくなるということだろうか。

因みにグループ企業のS製薬(現在は合併してちがう名前)は地下鉄サリン事件のとき唯一サリンの特効薬を製造していた会社。

原子力産業は放射能の人体への影響を長年実験していた。原爆マフィアはすでにあらゆる薬を開発していると踏んでいる。
きっと彼ら要人は放射性物質に効く特効薬をこっそり服用していると、おもう。



除染について

今までいつくもこうした有効な除染のニュースがありながら、成果が採用されないのは、現行の除染のように利権がないからでしょう。
人命よりお金が優先する原爆マフィア(ここでは政府)には本当に怒りをおぼえます。

放射性セシウム:落ち葉から完全除去 植物石と結合
--千葉大研究者ら開発 【毎日新聞】

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111215ddm001040126000c.html

落ち葉や雑草などから放射性セシウムを完全に除去する方法を、千葉大工学部の片山栄作特別研究員(62)=元東大医科学研究所教授=と群馬県渋川市の阿藤工務店専務、川上勇さん(63)が開発した。セシウムが葉や茎に含まれる「プラントオパール」(植物石)と呼ばれる粒子に結合していることを突き止め、プラントオパールを分離することでセシウム除去に成功。片山さんは「さまざまな除染に応用できる」と期待している。

 2人は放射性セシウムに、雲母などケイ酸化合物を主成分とする鉱物と強く結合する性質があることに着目。同じ主成分のプラントオパールにも同様の現象が起きるとの仮説を立てて実験した。

 福島県南相馬市で11月中旬、刈り取られた雑草570グラムを水分が蒸発しないよう密封。どろどろの液状に腐らせた後の12月10日に測定すると、1キロあたり2万8924ベクレルの放射性セシウムが計測された。これに水を加えてコーヒーフィルターでろ過すると、ろ過後の液体からは検出されなかった。フィルターに残ったかすを顕微鏡で観察すると、多数のプラントオパールを確認。セシウムがプラントオパールと化学的に結合し、フィルターに引っかかったとみられる。

 かすの容積は元の雑草の約10分の1になった。かすにはセシウムが濃縮されるが、置き場探しが課題の落ち葉や雑草の容積を減らせるとみて、2人は大量に処理できる装置を開発したい考えだ。

 プラントオパールは数マイクロメートル~100マイクロメートルほどの粒子。枯れた葉からはがれて飛散することから、片山さんらは▽落ち葉や雑草は野積みせず閉鎖された所に保管する▽植物の多い汚染地域ではマスクをする--などの対策が必要と指摘している。

 片山さんと川上さんは趣味の天文観測仲間。福島県の友人から除染の相談を受けた川上さんが研究を進め、片山さんが協力した。片山さんは「本来なら論文にして発表するところですが、被災地のために実用化を優先します」と話している。【日下部聡】


野菜ジュースもフィルターで濾せば安心? (かどうかは判りません)

無能な日本政府ばかりか、アメリカ、フランス、ソ連などもフクシマの現状に手をこまねいているのは、彼らもフクシマを利用しているからであると感じている。
なんらかの目的を達するまでは、効果的な除染は無視されるか妨害にあうのではないだろうか。



不覚の事態

年末に銀行で記帳したら、なんとNHKの受信料が引き落とされているではないか!! しかも一年分!!!

受信料は8月に1年分が引き落とされることになっていたが、NHKは受信料を払うに値する報道をしないので口座を空にしていた。
(数年前に受信料制度に反発して口座引き落としの解除を申し出たが、なかなか簡単ではないことを経験しているので)

9月と10月に口座引き落としの催促のDMが来たがもちろん入金はしない。
12月に8~11月の4ヶ月分の振り込み用紙が届いた。振込み用紙が届いたので口座から引き落とされるとはおもっていなかった。
不覚だった。

なので昨年は紅白を見た。一部だけ、レディ・ガガのところ。

(それにしてもステージがいたるところ三角だらけとは・・・)




2012年

否応なく2012年になった。

今年の年賀状は南天をデザインした。
なんてん=難転(難を転ずる)として古来日本文化には馴染みのある植物です。
実際南天には殺菌などの薬効があり、単なる語呂合わせではない、清浄ですがすがしいものを愛する精神文化も感じる。

昨年秋はくだんの海底探査船「ちきゅう」が千葉県館山沖(東京湾の入り口)に停泊していたという。
はなから大地震の予測もあり、原発のことをおもえばネガティブな気持ちになりがちだけど、つねに明るい想念を持って、大事も小事に転じたいとおもう。

この一年が幸せな、あたたかい、楽しい年になるようビジョンを描きたい。

b0167473_23564422.jpg


Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事