FC2ブログ

Entries

アヴィニヨンの橋で脱原発のための人の鎖

Fukusima がフランスの人々の意識を変えたのは明白。

9月24日。アヴィニヨンで800人が脱原発を提案し、手をつないで人の鎖をつくった。
http://www.2424actu.fr/actualite-sociale/a-avignon-une-chaine-humaine-pour-la-sortie-du-nucleaire-3033418/#read-3033416

前回は7月24日に400人が参加。11月には1000人の人が橋の上で鎖をくつることを目標としているようです。
http://creavignon.over-blog.fr/article-avignon-sortir-du-nucleaire-dimanche-24-juillet-80865357.html

それなのに当の日本の首相は原発を推進する発言。
フランスの人たちはおもっているだろう “ridicule” 気違い沙汰だと。




スポンサーサイト

スタジオジブリvs原発

公開されればいつも話題になるスタジオジブリの作品。
「コクリコ坂から」の反響が耳に入らないのは、自分がTV・雑誌を見ていないせいだとおもっていた。

宮崎駿監督は反原発運動をしていた。
http://ghibli.jpn.org/report/neppu8/
ジブリで働く人達の子供を預かる保育園「三匹の熊の家」も経営しているので、放射線の線量には人一倍気を遣うそうです。

「コクリコ坂から」は今年度邦画興行収入ナンバーワン。
そして御巣鷹山で亡くなった坂本九さんの「上を向いて歩こう」が挿入歌に使われている。

「コクリコ坂から」公式HP
http://kokurikozaka.jp/



これから節電

この夏、いっさい節電はしなかったけど・・・

電力制限が前倒解除されたということは、東電にとって節電が、プロパガンダ以上に打撃になったということでしょう。
東電、希望退職募集へ 人件費削減1000億円に拡大
(この記事もプロパガンダであるが)

なにより節電が徹底されては、電気料金の値上げがしにくいだろう。
原子力損害賠償支援機構法

東電の本質は原発マフィアそのものだ。

これから節電します。

東電党 (08/16)


※ 御巣鷹山の真下にある、いわくありげな神流川発電所が、東電のHPから消えたのは何故だろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B5%81%E5%B7%9D%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80



きのこ 2

うつくしやあらうつくしや毒きのこ

小林一茶の句。
自然界は毒のあるものをことさら美しくして警戒させたけど、今や野生のきのこはすべて毒きのこになってしまった。そしてごく一部の地域以外のものには警戒がない。

特異的にセシウムを生態濃縮させるきのこ。
ヨーロッパ各地では今だにチェルノブイリの影響で多くのきのこが廃棄され、ドイツではきのこを餌にするイノシシにも厳しい基準をもうけている。

「味覚の秋」がもはや無いことに気づこうとしない人が多い。

きのこ (05/09)



セシウムの心臓への影響

(セシウム摂取のグラフ化より続く)
放射線衛生研究は個人でされている研究のようですが、視覚器官、神経系、、妊娠と胎児、生殖系、造血系、免疫系、肝臓、腎臓、循環器系(心臓)についてのセシウムの影響が述べられています。

筋肉に溜まりやすいセシウムについて、 バズビー教授も心臓への脅威を警告しています。
-インタビューより抜粋-
私の同僚ユーリー・バンダジェフスキー、彼は"ベラルーシにおけるチェルノブイリのセシウム137の子供への影響の研究"で有名ですが、90年代後半に、体重1kg当りでわずか20-30べクレルの放射線セシウム137で汚染された子供たちの心臓に、不整脈が起っていることを発見しました。
そして心臓発作を起こし亡くなっているのです。これは非常に深刻な問題です!
問題なのは、癌や白血病だけでなく、心臓の病気です。通常より高い確率で発病しています。普通は、年を取った大人しかならない病気になるのです。つまり、低線量被曝でどの様な病気を引き起こすのかなのです。
私はこの事について研究を始めました。
2-5歳の子供の心臓の大きさは、キューイくらいです。10歳の心臓の大きさは、トマトくらいです。心臓の細胞が何個あるかわかっています。心臓は、220gの重さで、血液を除くと約85gの筋肉組織があります。子供の心臓には、30億個の筋細胞が存在します。これが心臓のデータです。
どの様に検証するのかと言いますと、50ベクレルのセシウム137をこの心臓組織に入れます。1ベクレルは、毎秒の原子核崩壊の放射線量ですので、どれだけ原子核崩壊、又は、電子の形跡がセシウム137が1年間で出るかがわかります。この計算はシンプルなものですが、どれほどの多くの原子核崩壊による電子が細胞内を飛ぶか皆さんも想像できるでしょう。このセシウム137により、わずか1%の細胞が死滅するだけでも、わずか1%ですが、心臓の筋肉としては25%が失われるのです!
これは大変深刻なことです。なぜなら心臓とその筋肉は、生涯に渡り、常に鼓動をするからです。毎日7000Lの血液が身体に流れるのです。我々は70年生きるのです。この鼓動は一生続くのです。
もちろん、この壊死した細胞は普通は置き換わりますが、1年の内たった1%が置き換わるのです。特に一定数の細胞が損傷を受けると、短時間では置き変われません。セシウム137が、年間50ベクレル/kgでは、セシウムは筋肉を侵すことを実証していますし、ヨウ素は甲状腺に、ストロンチウムは骨や筋肉やDNAを攻撃します。セシウム137は、筋肉を犯します。ですから、心臓の筋肉に濃縮されるのです!
これが子供の心臓だとすると、原発事故から1年後には、セシウムはとても少量ですが、およそ25%の細胞が破壊されるでしょう。ですから、私たちは、このような影響を予想しているのです。
同様の放射線の影響は、バンダジェフスキー氏により以前予想されていました。
ある方からお聞きしたのは、福島原発事故の影響を受けた地域の子供たちが、実際に心臓発作に苦しでいるとのことです。
ですから、2つの重要な事が言えます。これは、大変重要なことです。
まず最初に、福島原発の放射線の影響を受けている地域の子供たちは、E.G.C.、つまり心電図の検査の必要があります。総ての病院が、この心電図の計測機器を持っています。この検査を行えば、心電図にその伝動の問題が表れるでしょう。
これは、バンダジェフスキー氏が、偶然発見した方法です。彼は、この報告をした後で、懲役刑を受けました!政府はその報告を信じず、世間を脅かす人物とみなした。その為、懲役刑を宣告され、実際に(8年間)数年の間、刑務所に入っていたのです。これは、アムネスティや欧州委員会、欧州議会が国際パスポートを発給して釈放されるまで続きました。25件の内1件が釈放されるだけなのです。
私は、バンダジェフスキー氏と非常に親しくし、一緒に働いています。彼は、放射線生物学モラルでのMVP賞を受賞している英雄なのです。彼は、欧州放射線リスク委員会(ECRR)レスボス宣言のあった会議で子供たちの心臓病が増加していることを報告書で提出していたのです。

-以下省略-
http://www.youtube.com/watch?v=OmTz_VuFovQ&feature=youtu.be

放射線衛生研究でも
「バンダジェフスキー研究の心臓への影響を考慮するなら、10Bq/kg以上は心臓に悪影響があり、できるなら5Bq/kg以下に抑えたほうがいい-」と結論しています。

5Bq/kg以下というのは、体重1kgに対しての一日の摂取量という意味だとおもいますが、現在の暫定基準がどんなに恐ろしいものであることか。




セシウム摂取のグラフ化

日々不安におもっていることがグラフ化されていて判りやすい。
常にこういうイメージを持って食品を選ぶことが必要。

お茶を毎日飲むとどうなるか?

たまに汚染食品を食べても大丈夫か?

毎日外食するとどうなるか?

NDレベルの汚染食品を毎日食べ続けるとどうなるか?

40Bq/kgの米を毎日食べるとどうなるか?

5000Bqを食べるとどうなるか?

放射線衛生研究
http://yocaki.tumblr.com/

フランスの裁判

イランジャパニーズラジオ 4月7日のニュースから
フランス放射線防護中央局の元局長で、パリ大学教授のピエール・ペルラン被告に対する裁判が、パリ高等裁判所で開始されました。
イルナー通信の報道によりますと、ペルラン被告はチェルノブイリ原発の爆発事故による影響を過小評価した罪に問われているということです。
ペルラン被告に対する最終判決は、今年9月に言い渡されることになっています。
ペルラン被告は1986年、チェルノブイリ原発の爆発事故が発生した際、この事故によるフランスの放射能汚染は非常に少ないとしていました。
ペルラン被告は、同原発事故の事実を隠蔽したことにより、責任者らの対策を妨げ、またフランス国民の安全対策を怠らせた、とされています。
ペルラン被告は、チェルノブイリ原発事故の発生当時、フランス放射線防護中央局の局長を務めており、放射能で汚染された雲がフランス国民の健康に害を及ぼすことはないだろう、と発表していました。
チェルノブイリ原発事故は、1986年4月26日に発生し、ペルラン被告の裁判も、2002年からパリの裁判所で始まっています。

http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=17525

9月7日にでた裁判の判決は、甲状腺がんを発症した患者の訴えを退け「免訴」。
子供を守ろう SAVE CHILD
http://savechild.net/archives/9008.html

なんだか日本と同じようでがっかりしてしまう。
マルクールの原発事故も、汚染があるとなったらニュースが出なくなった。
フランスはソトヅラはいいけどウチヅラは悪い?!




マスクのすすめ

もちろん自分の身を護るためもあるけど、若い人たちへの啓発です。

関東でも放射物質による汚染が深刻だ。しかし汚染は目に見えないので人々は何事もないように生活している。
初夏にはマスクをしている若い人もいたが、暑くなってからはほとんど見かけない。 暑い時期にマスクをしていると非常に目立つので、しにくいのだ。

なかには、もう歳だからマスクなんてしなくても・・・という人もあるでしょう。そんな人も、若い人たちのためにマスクをしてほしい。

マスクをすることが恥ずかしくないように、周りにマスクをしている人がたくさんいればいいのだ。
マスクをすることが常識になるように。

かくいう私も夏のあいだはマスクをしなかった。反省している。

東京新聞 横浜でセシウム4万200ベクレル
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20110918/CK2011091802000042.html



Yellow Jacket ビーチ編

気分転換にどうぞ。











続きはまた・・・



3月15日のこと

半年前の3月15日は、新橋演舞場(中央区銀座)の歌舞伎公演のチケットを取っていたが、その日は外房線が1本も動かなかった。

14日の計画停電初日でも、わずかとはいえ運行していたというのに、平日に1本も動かないとは尋常ではない。
そのときの推理は 「電車により首都圏に放射性物質がもたらされるのを防ぐため」 というものだが、近いものがあるとおもっている。
たぶん東から都心へ向かう電車ほど、運行が少なかったのではないだろうか。
加えて今では、「できるだけ人を自宅から出さないため」という思惑もあったのではないかとおもう。政府はSPEEDI により、あの日関東が放射能で汚染されることを知っていたのだから。

因みに3月は国立劇場のチケットも取っていた。
こちらは3.11以降は公演を中止し、チケット代を払い戻してくれた。
松竹は3.11とほか3日、公演を中止したが、あとは興行を続けた。毎日何度も大きな余震があったあのころ。舞台に立つ人たちはどんなにストレスが大きかったことだろう。

一見震災から一番遠いところにあるような華やかな舞台だが、精神的には我々以上に震災と直面していたのに違いない。
今は以前のように一日かけて歌舞伎を楽しむことはない、出掛けたついでに目当ての演目だけを観ている。
再びこころから歌舞伎を楽しめる日は来るのだろうか?

追記:3月15日の天気予報では風向きを報道していなかったことを思い出した。




サクリファイス

現在チェルノブイリハートが公開されている。
意義のある映画であるが、現実を見るのがつらくて足が向かない。

はからずも偶然見つけた映像。
チェルノブイリの作業員たちのその後・・・・
フクシマともシンクロして、とても恐ろしい。

サクリファイス - 犠牲者 - 事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実
http://video.google.com/videoplay?docid=-6601369124230620869&hl=en#



ゴジラの足音

21時52分にあったゴジラの足音は千葉市内だったのでGoogleしたところ、近くに清和園という特別擁護老人ホーム。
運営しているのはアイシーズという会社。代表取締役は宮内修。
宮内義彦(オリックス株式会社 取締役兼代表執行役員)の次男だそうだ。
なんだかあやしい・・・

ゴジラの足音 = 瞬間にドンとゆれる地震。 震源の深さはいつも10Km。またはごく浅い。



ミリキタニの猫-あれから10年

ミリキタニ(日本名:三力谷)は、ニューヨークの路上で絵を描いている日系二世。
80歳という年齢でありながら、反骨的なミリキタニに、興味を持った女性映像作家がドキュメンタリー映画を撮る。

いつものように路上のミリキタニを取材しているとき、背後でツインタワービルが炎上する。
2007年公開当時、9.11のシーンがあるとは知らずに見ていたので驚いた覚えがあります。

ふるさと広島の風景と親類は原爆で失われ、アメリカの強制収容所では肉親と離れ離れに・・・
戦争に翻弄された、数奇なミリキタニ氏の人生に9.11が介入することの不思議。

このドキュメンタリーの中で、ミリキタニ氏は自分の原風景を探す旅に出る。離れ離れになった姉にもおよそ50年ぶりに再会を果たす。
一貫して反戦を訴えている。
今の世界をどうおもっているだろう。

ミリキタニの猫
http://www.uplink.co.jp/thecatsofmirikitani/index2.php


第2幕のはじまり?(05/03)



落下の王国

マヤ歴など引き合いにして2012年12月にポールシフトか起きるというのであれば、なぜこの期におよんで気象操作や地震を起こす必要があるのだろう?

昨年あたりから顕著になっている地球の異変。
とても深刻に感じます。
太陽の光や風や波、地球上の波動に感謝の想念を合わせたい。


美しい映像があります。
2008年に公開されたターセム・シン監督の「落下の王国」
世界中の絶景や遺産を巡って撮影された。
地球上の、人の歴史、文化、民俗や風俗も、ここにはあります。
The Fall 公式サイト
http://www.thefallthemovie.com/

the_fall_14-1.jpg



ライフベスト

防災グッズに加えたい。

たとえば飛行機のシートに付いているような、かさばらず瞬時に装着できるライフベスト。
私の住むような海辺の町では、学校はもちろん各家庭、ホテルや公共施設に常備を義務付けたらどうだろう。

車にも必須。
水の中では水圧でドアは開かないけど、水が浸透して同じ圧力になれば開きます。
たとえ津波でなくとも、川におっこちないともかぎらない。
台風12号のような洪水も、いつあるかわかりません。

命を護る!ライフジャケットの選び方
http://senguya.wd.shopserve.jp/hpgen/HPB/entries/4.html




野田内閣

小泉内閣のとき、少子化対策ということを盛んに言っていたけど、それは国民に対するスタンドプレイであり、ほんとうは少子化のことなど問題にしていないと感じていた。
なんの根拠もなかったけど。

少子化がすすめば、年金制度が支障をきたし破綻するので、政府は国民に年金を払うつもりがないのだとも、おもった。
案の定その後、年金管理の杜撰さが表面化し、ねんきん特別便なるものが莫大な税金をつかって実施された。
(これもスタンドプレイ?)

近ごろは少子化担当大臣というのを聞かない。
それが名目だけのものだから仕分けしたのだろう。


野田内閣は子供手当てより、子供を放射能汚染から守る担当大臣を指名すべきであるとおもっていた。
文部科学副大臣になった森ゆうこ議員、この役を担ってほしい。



お茶のゆくえ

セシウムの感受性が高いお茶。
関東では基準値を大幅に上回っている。
http://savechild.net/archives/8229.html
わずかだが九州でも。
http://ceron.jp/url/infosecurity.jp/archives/11735

「喫茶去」(きっさこ)という言葉があります。
一服どうぞ、という意味です。
ただそれだけのことですが、冬は温かく、夏は涼しく、相手を気づかうおもてなしの心が一杯のお茶にはあります。

日本人の精神文化と共にあるお茶。
汚染の拡大を憂慮している。




ひさしぶりに映画

近ごろ映画を見ていなかった。
夢も見ていない。
夢の映画を見た。

サヴァイヴィングライフ -夢は第二の人生-
http://survivinglife.jp/
夢にとりつかれた主人公が見つけたのは、忘れていた記憶だった。
切り絵アニメの手法をふんだんに使ったチェコ映画。

一時期ミラン・クンデラやアゴタ・クりストフをよく読んでいた。
社会主義時代の小説は、すべての物が一般名詞で書かれていて、ストイックな印象があります。
この映画も東欧的なレトロなアニメーションの雰囲気と、シュールレアリズム(シンボルライズされた-フロイトの言うところの-性のイメージ)が同居していて面白い。

ストーリーに整合性があり、主人公のオイディプスコンプレックスが徐々に判明してゆく。
精神科医の夢判断を聞く "フロイト対ユング” など、随所にジョークも利いている。

認識は遺伝子の記憶・・・だそう。


これも夢と現実が交錯する、ラブリーな恋愛映画
背景やインテリアがキッチュな現代アートになっている。
「恋愛睡眠のすすめ」 おすすめ。
http://renaisuimin.com


Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事