FC2ブログ

Entries

磯江毅 回顧展

美術館で過ごす時間が好きだ。
美術館は日常からの小旅行。ゆき先をさがすのも日々のたのしみ。

だけど震災後は気持ちがそぞろで(日常が日常でなくなってしまったので)、美術館にゆく回数がめっきり減っていた。
久しぶりに美術館での時間を満喫した美術展。

練馬区立美術館 
磯江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才

http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/isoe-tsuyosi.html

葡萄、石榴、林檎、玉蜀黍、マルメロ、カリフラワ、貝、鳥、魚、陶器、銀器、瓶、花・・・・
物の本質と時間の堆積を見極めようとしたのだろうか。
作品に向かうと、作家の視点に絡め取られて、精緻な細部から目が離せなくなる。あまり目を凝らして何度も眩暈がした。
(貧血の薬を飲んでいなかったせいかも)

暗室の現像液に浮かんでいるような眠る裸婦。
グスタボ・イソエ(スペインでの名前)の作品は驚異の写実技巧以上に不偏的な存在の美しさが描かれてあるとおもう。

晩年の作品群は凄まじいほどにリアルで、まるで自らの命と引き換えに宇宙の摂理を得たかのようだ。



スポンサーサイト



Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事