FC2ブログ

Entries

フクシマの空に鯉のぼりは・・・

しばらくブログから離れていたけど。。。

3年目の3.11を超えて、世の中はますます原発にドン感になっているようだ。
秘密保護法の存在と、地域での放射線測定結果も自治体は発表できないことを忘れないでほしい。
それでも多くの優れたサイトがあって情報を提供してくれることに感謝している。

原発の直後は『みんなのカルテ』をブックマークしていたけど、しばらくして削除した。
体調の不調を訴えている人は皆、原発のあと直ぐにも避難した危機感の強い人たちで、食べ物にも細心の注意を払い、情報にも敏感な母親とその子供たちだった。

このことから注意は必要だが心配のしすぎは免疫を弱めると判断して、自分のブログでもネガティブな情報は取り上げないことにした。

因みに私が注意している食材は、
きのこ類、山菜類、加工食品(冷凍食品含む)、牛乳、太平洋の魚介・海藻、関東以北の野菜・果物、水など。
コンビニの食材、ファミレス、チェーン店は極力利用しない。

肉類はもともと買っていなかったけど、トリ肉は豚や牛にくらべて安全のようですね。肉類や魚類は南半球のものを選ぶと良いとおもいます。玉子は関西以西のものをたまに買うようになりました。

自分では買わないけど外でいただくことも多い。
そのときは何でも美味しくいただいています。放射物質を跳ね返すイメージで。

「笑ってすごせば大丈夫」とか言う原発推進派の医者は断じて許せないが、波動の観点からは間違いではないでしょう。
正しい知識を持って、注意を怠らず、健康管理に気をつけて、そしてポジティブに前向きであることが必要とおもう。
もちろん少しでも安全な地域に避難することが大前提。

原発のとき「国は国民を守らない、自治体も子供を守らない」と感じたがこの3年実際にそうだった。

今日は子供の日で、福島県内のあちこちでも鯉のぼりプロジェクトがおこなわれているようだけど、フクシマの空に鯉のぼりはいらない。
子供を守れるのは親だけ。



スポンサーサイト



燃料棒取出し。。。と疑問

昨日(18日)から始まった4号機の燃料棒取出し作業だけど、東電は信用できないので(政府・マスコミも・・・)自分で毎日チェックしたい。もちろん情報は操作されているので比較参考まで。

全国のモニタリングポスト
http://new.atmc.jp/

あなたの自宅から倒壊が懸念される福島原発4号機(冷却プールに核燃料1535体)までの距離は?
http://arch.inc-pc.jp/004/index_10.html
このサイトの情報では4号機の線量は他の建屋に比べたら非常に低い。(いつの時点の情報か判らないが)

4号機には燃料棒がないという新聞記事があったけど。。。だとしたら4号機で何をしているのだろう???


ますます怪しい?
東電、今後の作業公表せず 核燃料取り出し 問われる情報公開の在り方(福島民報 11月22日)
http://www.minpo.jp/news/detail/2013112212284



燃料棒取出し~秘密保全法案

早ければ11月8日にもおこなわれようという、4号機の燃料棒の取り出し。

専門家が本気で心配する福島第一原発4号機の燃料棒溶融
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013103000005.html

2012年7月、試験的に2本の未使用の燃料棒を取り出したときの小出氏のコメント。

2012年7月18日のニュース画像
2102071813s.jpg

一本の燃料棒を取り出すのでさえ高いリスクが伴うのに、1533本の燃料棒が全て安全に取り出せる確率は?
東電の体質と作業環境をおもうとさらに恐ろしい・・・

こんなに重大で、ひとたび事故があれば取り返しのつかないことになるのに、広く周知しようとする気配がないのは、秘密保全法案の成立が急がれていることと無関係ではないだろう。

秘密保全法案、海外の国(アメリカ)には秘密ではないとか。


実証実験追加のため延期(!?)
東電はアメリカの援助を受け入れたが、アメリカはこれまでフク1の汚染拡大に手をこまねいていた。





不払いのすすめ~東電編

去年の記事だけど、いい方法とおもう。

東電への抗議として広まる「電気代不払いプロジェクト」
http://biz-journal.jp/2012/11/post_1081.html




東電は悪魔の手先(政府も)

e5f71ae9-s.jpg

映像を見るといちだんと胸が痛む。
(邪悪な意図があるとしかおもえない)

東電は責任を取らない。
原発は一企業の意思ではないから。

作業をしている方々の安全を祈るばかり。。。


祝の島

昨年、映画「祝の島」(ほうりのしま/2010年)を見る機会があった。

瀬戸内海に浮かぶ山口県の祝島(いわいしま)の人々は、すぐ目の前に計画された上関原発建設をめぐり30年にわたり反対運動をしてきた、そのドキュメンタリー映画。

人々は漁や畑仕事のかたわら埋立中の建設予定地に行っては座り込みをしたり建設反対を訴えた。
島の人たちは言う「海は生活の糧、だからきれいな海を守るのだ」と。

制作時はフクシマの前だったから、のんびりとした島の日常も描かれ、映画としては自主制作のような稚拙さではあるけれど、この島の人たちの30年にわたる反対運動の背景にあるのは、自然の恵に感謝し先祖の土地を子孫に残そうという本来的な人間の姿なのだ。

フクシマのあと、一旦は計画が中止になった上関原発だが、安倍政権になってまた計画が再開されたようだ。
推進派(現金で買収された)に抗する祝島の人たちを応援したい。

祝島島民の会blog
http://blog.shimabito.net/

上関原発の計画が持ち上がった1982年は中曽根康弘が総理大臣になった年。中曽根と原発の関係は鬼塚英昭氏の『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア 』に詳しい。

上関原発が計画される山口県熊毛郡は伊藤博文をはじめ岸信介、佐藤栄作元総理など多くの政治家を輩出した。そして明治天皇=大室寅之助のいわくのある土地。(フリーメイソン~CIAと特別の関係があった土地といえる)

故郷に原発を建設しようとする安倍総理、その思惑は?

映画「祝の島」
http://www.hourinoshima.com/祝島について/

上関原子力発電所 Wikibedia

c0139575_21292538.jpg




怪しい調査

活断層を刺激したら地震がおこることは常識。
再稼動反対デモのように『怪しい調査反対』という声もあげたい。

原子炉の地下に穴掘り調査へ 志賀原発直下の断層
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012072501001860.html
北陸電力は25日、志賀原発1号機(石川県)の直下に活断層が存在する可能性があるとの指摘を受け、原子炉建屋の地下にトンネルを掘るなどして調査する計画を、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。調査期間は8月から来年1月までの約6カ月としている。
 また、関西電力も大飯原発(福井県)の敷地内を走る断層について、活断層かどうかを確かめるため掘削調査などの計画を保安院に提出。年内に最終報告をまとめるとしている。
 保安院は31日に専門家会議を開き、計画が適切かどうか検討する。専門家会議の委員らは調査の現場を確認する。


因みに「ちきゅう」の現在位置は六ヶ所村のある八戸沖だそうです。
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html


11時31分の地震の震源地 (2012/07/03)



STOP大飯 2

アイリーン・美緒子・スミスさんからのメッセージ。
(2011/12/31 にアップロードされた画像)



こちらの記事もどうぞ
毎日新聞 ワイド特集:かつて水俣を、今福島を追う 
アイリーン・美緒子・スミスさんに聞く

http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c.html



STOP大飯

再稼動は絶対に許してはならない。

たとえデモに参加しなくても意思表示をしたいので「STOP大飯」の図案をつくった。

仰々しくないので、たとえば電車で読む本のブックカバーにしたり、スーパーにゆくトートバックにアップリケしたり・・・日常的にどこでもアピールしたい。

食べすぎの戒めにもなります。


新規ビットマップ イメージ 3
画像のうえで右クリック → 名前を付けて画像を保存 → 
ダウンロードしてご自由にお使いください。


福島のことを知れば再稼動はできないはず!

この福島の女性たちの声を日本のマスコミは報道しただろうか?
これ以上に激しい苦しい切実な声はない。

Women's "Die-In" against the Restart of Ooi Nuke Plant
(Jun/07/2012)





Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事