FC2ブログ

Entries

モンサントとTPPがもたらすもの

衝撃的な写真なので随分拡散されているでしょう、でももっと多くの人に見てほしい。
モンサントのラウンドアップ(除草剤)が使われた土地、その土地で遺伝子組み換え植物を収穫する人々を襲ったもの。

キングコーンとラウンドアップによる遺伝子組み換え作物農業地域に住んでいる。
全身に原因不明の黒い斑点が出たが、医者は遺伝子組み換え農業のせいだと言っている。証明するのはほとんど不可能であるが、町中に被害者が溢れている。(ワンダーチャンネル)
http://ameblo.jp/wonder-channel/entry-11677586649.html?frm_src=thumb_module

元記事。モンサントの農薬に汚染されたアルゼンチンの小さな町の
17枚の写真 The Big Picture
http://www.boston.com/bigpicture/2013/10/agrochemical_spraying_in_argen.html

キングコーンとは、飼料用、加工用、燃料用を目的にモンサントが開発したトウモロコシ。害虫がつかないように遺伝子組み換えされている。
非常に不味いので直接食用には使わないが生育が容易で安価なため、牛・豚などの家畜飼料、加工食品の添加物、甘味料の原料として人間の口に入る。

キング・コーンの実態に迫ったドキュメンタリー映画
『キング・コーン―世界を作る魔法の一粒』(2007年)
http://www.espace-sarou.co.jp/kingcorn/top.html

それでも遺伝子組み換え食品を安全という日本政府と、モンサントの独壇場となるTPPに参加する安倍政権。



スポンサーサイト

そのモンサント社が・・・

基礎知識からのつづき
モンサント社の戦略。GM種子は特許があるため、次のシーズンのための種子を採ることが許されない。生産者は毎年農薬(あのダイオキシンの・・・)とセットで種子を買わねばならず、GMでない作物を作ろうにも土地が汚染され、もはや普通の作物を作ることはできない。よって毎年たかい種子を購入しなければならず、生産コストが嵩み経営を圧迫されながら、このサイクルから逃れることができなくなる。さらに風や動物によりGM種子が他の土地に自生した場合でも、特許権の侵害とみなされ高い損害賠償を請求されます。
世界中でモンサント社により農家が破綻しています。
http://indiesatellite.jp/?p=446

そのモンサント社が日本の農水省に承認を申請しています。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html
農水省は生物多様性への影響はないとしていますが、搬送中にこぼれたGMナタネの種が自生し、同じアブラナ科の植物と交配した雑種の報告が市民団体により多く報告されています。

パブリックコメントに意見を!(6月21日まで)

1)期限
平成23年6月21日(火曜日)(郵便の場合は当日までに必着のこと)

(2)提出方法
次の(ア)から(ウ)までのいずれかの方法でお願いします。

(ア)インターネットによる提出の場合
電子政府の総合窓口(e-Gov)より送信可能です。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001373&Mode=0

(イ)郵便による提出の場合
宛先:〒100-8950 東京都 千代田区 霞が関1-2-1
農林水産省 消費・安全局 農産安全管理課 組換え体企画班 河野 宛て

(ウ)ファクシミリによる提出の場合
宛先の番号:03-3580-8592

(3)提出に当たっての留意事項
提出の意見・情報は、日本語に限ります。また、個人は住所・氏名・性別・年令・職業を、法人は法人名・所在地を記載してください。なお、提出いただいた個人情報については、お問い合わせの回答や確認のご連絡に利用しますが、個人や法人を特定できる情報を除き、公表する場合もありますのでご了承願います。
郵送の場合には、封筒表面に「遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集」と朱書きいただきますよう、また、ファクシミリでお送りいただく場合は、表題を同じくしていただきますようお願いします。
なお、電話での意見・情報はお受けしませんのでご了承願います。また、いただいたご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、その旨ご了承願います。
意見・情報の募集は、環境省においても同時に実施されております。意見・情報は農林水産省又は環境省のいずれかに提出いただければ、両省において考慮されることとなりますので、同じ意見を両省に提出していただく必要はありません。



基礎知識

豆腐を買うときパッケージに印刷されている「遺伝子組み換えではない」の表示に注意する人はどれくらいいるでしょうか?
さらにそこからベトナム戦争の枯葉剤を連想する人は?

遺伝子組み換え食品(GM食品)を生産している会社のひとつ米モンサント社は、猛毒のダイオキシンとして知られる枯葉剤を作っていた会社です。
ベトナム戦争が終結し、あまった枯葉剤を除草剤として販売しましたが、雑草ばかりか農作物もだめになってしまうため、この除草剤に耐性をもつ作物が遺伝子操作でつくられセットで販売されました。
つまりダイオキシンにも枯れない作物、虫が食べれば死んでしまう作物です。食品として不自然ですね。

しかし日本の厚生労働省は安全に問題はないとして、大豆のほかにジャガイモ、トウモロコシ、なたね、てん菜、棉実、アルファルファなどの遺伝子組み換え食品を輸入しています。安全といっても短期的な結果にすぎません。

とてもわかりやすく、ためになるサイト
安田節子の遺伝子組み換え食品Q&A
http://www.yasudasetsuko.com/gmo/faq.htm

GM作物の危険は食品の安全にかかわる問題だけではありません。バイオテロの側面、日本の農業が破壊され搾取される危険を持っています。
モンサント社がアフリカやアジアでしていることを日本人は知らなければいけません。
にほん民族解放戦線さんのサイト
http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/2c82cc1e0e70f0954d8b1c498d405b91


私は「国産大豆100%」の豆腐を買っています。安全の面もありますが、日本の農業の自給率を支えたいからです。
ちなみに「遺伝子組み換えではない」は「原料のすべてが遺伝子組み換えではない」という意味です。
それからトウモロコシのスナックを子供に食べさせるのはよしましょう。




Extra

プロフィール

こばんとたわし

Author:こばんとたわし
FC2ブログへようこそ!

最新記事